排列5个位振幅走势图: 龍健榮企業株式會社

單元主視覺

會社沿革/ストーン

ホーム會社の簡潔な紹介會社沿革/ストーン
1980 年
會社の成立
1981~1991 年
OEMを主として、技術を深める。
1992~1995 年
臺系自動車の旋盤、送料器部品の製造の形になる
自動化の設備、簡素化の作業を導入する
1996~2001 年
日系自動車の旋盤の部品を相次いで開発する
2002~2004 年
自動化の設備を相次いで加える
2005 年
日系の送料機械の部品を開発する
2006 年
高速運転の中樞モーターを開発する
中樞の新しいパターンの製品の特許権を取得する
ブランドの特許権を取得する
引っ張りテスターを加える
2007 年
歐、米系のブランドの送料器の部品を開発する
設備を取り除き、生産の容量を増やす
回転のテスターを加える
2008 年
新しい工場を移して、元工場の新しい住所を倉庫になる
2009 年
標準なシステムを品質の安定を確保する。
正式に LJRの獨自なブランド、全世界を販売する。
インポートカンバン方式
2010 年
12000RP<超高転速度の中樞を開発し、耐用度は初めて日本を越えて、スイス、日
2011~2012 年
相次ぎ、自動化設備を増加し、永遠の経営で企業の改良を行って、企業の業績を
2013 年
ヨーロッパ、アメリカ(FMB、MTA、Robobarなどラベル材料フォルダに開発した
最大15000 RPM、速度、耐久性超高速軸の開発は、ドイツ、スイス製品とのギャップを狹める、強化され
研究開発最初の年、5からR&D資金調達などの総売上高の10%に毎年脇に設定され、それらは、特許の申請をするために開発されている、世界初の生産となって、3年後にはヨーロッパやアメリカのメーカーを越えて行くことを誓った、世界初、世界初、品質販売
2014 年
受注増に対応し、自動化機器の追加、および機械的なアームをインポートするには
クリップ材料の在庫が正式に送りクランプメーカーの世界最大の生産國となった、60以上の1萬に達し、現在のグローバルな協力フィーダ工場が24に達しています
品質、収量、特許、技術、スピード、他の5つのパーティーの開発に向けて
最大20,000rpmでの軸速度、正式なアプローチ先進國の製品
2015 年
これに応答して彰化の新工場を高めるために、需要、増産ラインを注文します
クリップ材料の在庫80萬に達し、現在のグローバルな協力フィーダ工場が27に達しています